前回異性を見つけるまでの流れについて紹介しました。
 
 
次は興味を持った異性にアプローチする方法について説明します。
 

アプローチの仕方

 
気に入った異性を見つけることができたら、次にその異性にアピールをします。
 
アピールと言っても最初から異性にメッセージを飛ばせる訳ではありません。(飛ばせるアプリもありますが。)
 
まずは「自分のことを見てください」という意味で相手に「いいね!(もしくはLIKE)」を送ります。
 
「いいね!」とは相手に対する呼びかけそのものです。
 
いいねが来た相手には通知が生き、あなたの名前が表示されます。。
 
そこで異性は初めてあなたの存在に気づき、プロフィールを見て興味を持てば、「いいね!」をお返しします。
 
お互いに「いいね!」となれば晴れてマッチング成立です。
 
マッチングが成立すればお互いに興味を持っているということを意味し、初めて会話をすることが許されます。
 
会話ができるようになれば、あとは自分の言葉で興味を伝えたり、話を盛り上げましょう。
 
 

メールは年齢認証が終わってから

 
異性にイイネを送ってアプローチする流れを説明しましたが、誰でもすぐにメールができる訳ではありません。
 
まずは審査が必要となります。
 
審査といっても、難しいものではなく、みんなが安全にアプリを使用するためのものです。
 
具体的には、自分の年齢が公的に認められるかどうかを見られます。
 
というのも、日本では「出会い系サイト規制法」という条例があり、18歳未満の出会い系使用が認められていないのです。
 
 
 
だから、出会い系アプリで異性とメールのやり取りをするためには「自分が18歳以上であること」の証明が不可欠となります。
 
きちんと証明することができて初めてアプリの機能が充分に使えるようになります。
 
証明方法としては公的な証明証の画像を運営へ送ることが一般的となります。
 
例えば、このように免許証を送ったりするルールを設けているアプリは多いです。
 
 

 
 
 
審査というと難しく聞こえますがそんなことはありません。
 
これは健全に18歳以上でアプリを登録している人は誰でも通過できる審査です。
 
出会い系アプリをみんなが安全に利用するために設けられたルールと考えてもらえればスムーズです。
 
 
また年齢認証は18歳以上かどうかだけを確認される訳ではありません。
 
プロフィールの年齢が正しいかどうかも同時に見られているのです。
 
 
この審査がなければ、出会い系アプリは自分で年齢を入力できるものが多いので、自在に年齢を設定できてしまうことになります。
 
つまり、おっさんが20歳の大学生を演じることもできてしまうのです。
 
そのような不正をなくすためにも年齢認証は役割を果たしているのです。